不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:インターネット ( 24 ) タグの人気記事

グーグル Google 既存のビジネスを破壊する(文春新書)

 昨日購入したこの本。一気に読んでしまいました。Web進化論を読んで、なんか良く分からんなぁという人はこの本を読んでから、読み直してみるといいかも。

 Web進化論では概念とか理念を説いていて、現実味が感じられなくて、つかみどころがない、と感じた部分もありました。こちらは具体的な例をあげて、しっかり取材して書き込んでいます。羽田の民間駐車場の例や、新潟のメッキ屋さんの話とかね。リアルで面白く読めした。

 またWeb進化論ではGoogleのいいところばかりを強調していますが、こちらは負の部分も取り上げて現実味を感じます。悪徳商法マニアックスが「グーグル8分」にされた件とか、Google Earthで米国政府関連の施設だけ見えなくなっているとかね。

 二つほど書評を載せているブログへのURLを載せておきます。

R30
Fifth Edition
[PR]
by over45 | 2006-04-19 23:18 | 読書

「Web2.0」vs「SOA」

 ITproの記事から。

「Web2.0」vs「SOA」,勝つのはどっちだ?:ITpro

 実際,Web2.0とSOAは世界が違う。インターネット業界の人が語るのがWeb2.0,コンピュータ業界の人が語るのがSOA。ジーンズにポロシャツといったラフな格好の人が語るのがWeb2.0,ダークスーツに身を包んだ人が語るのがSOA。「We love blog」のステッカーを貼ったiBookでプレゼンするのがWeb2.0,ThinkPadでプレゼンするのがSOA——。いずれも筆者が取材で実際に体験したことだが,両者にはこのような文化的な差異がある。


 ちょっと表面的かな、とも思うけどそういう見た目の違いがあっても不思議じゃない。

技術的に見れば,SOAとWeb2.0(のマッシュアップ)は分散アプリケーションを実現するという意味でそっくりである。


 Web2.0という言葉を聞いた時に違和感を感じたのはここなんですね。

 今後、ユーザーがどのように受け入れていくか。

常にさまざまなバズワード(流行語)で彩られるIT業界。現在,最も旬な言葉を二つ挙げるとしたら,それは「Web2.0」と「SOA」(サービス指向アーキテクチャ)だろう。


 バズワードがキーワードになれるか、でしょう。

バズワード

いかにも,もっともらしい専門用語。専門家や通人が好んで用いるような言葉。
〔具体的な意味や適用例などを想像しにくい語や,流行として消費されるような語を風刺していう〕

[PR]
by over45 | 2006-04-17 11:05 | Web/TV/新聞 watch

Winnyまとめサイト

 WinnyあるいはP2Pに関してまとめるサイトを紹介してみる。

Winnyと著作権

 WinnyだけでなくP2P技術の利用に関して法律的な側面も。

ウィニー(Winny)『ファイル共有ソフト』2005~2006年の流出被害 タイムテーブル

 マスコミが取り上げた流出についてのまとめ。実際にはマスコミが興味を持たないような情報のほうが多いんでしょう。
[PR]
by over45 | 2006-04-16 23:24 | PC・ネットワーク

ISPのWinny遮断

ぷららの「Winny遮断」はISPの産業革命だ:ITpro

インターネット通信事業者(ISP)のぷららネットワークスは2006年3月16日,ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」のトラフィックを遮断すると発表した。同社は遮断開始の時期を明確にしていないが,一部報道によれば5月ごろにも開始する模様だ。


 ということだそうです。この記事を読んで思ったのは

○そもそもISPがこのような制御をしていいのか
○対象はWinnyだけなのか、P2P全般なのか
○Winnyだけだとして、その精度を保証できるのか
○高速化を売りにしてきた通信会社は黙っているのか
○Winnyを止めたってBT,eDonkey等に流れるだけではないのか
○トラフィックのパターンを解析してWinnyと判断するというがヘッダーも含めてパケットの中身を見ていないのか
○契約の内容に触れないのか(契約書読んだことないけど)

 等々疑問がたくさん。

 Winnyは開発者が逮捕されて改良しないことを警察に約束しているそうなので、対策版が出ることはない。が、他のP2Pソフトは改良されるだろうし、新しいP2Pソフトも出てくるでしょう。

 今のところぷららだけのようですが、どうせ横並びの好きな日本の企業ですからすぐに他のISPにも波及するのでしょう。ISPを選べばいい、ということも記事の中に書かれていますけど、そもそも選択肢がなくなってしまうかも。

 ならば、Webしか見ません、メールの送受信しかしません、P2Pはやりません、というサービス内容で契約を分けて料金を安くするとかして欲しい。
[PR]
by over45 | 2006-04-13 10:42 | PC・ネットワーク