不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:アジア ( 26 ) タグの人気記事

原理研再び?

asahi.com:カルト「摂理」、全国50大学で信者獲得-社会

カルト「摂理」、全国50大学で信者獲得

 女性信者らへの性的暴行を繰り返していた鄭明析(チョン・ミョンソク)教祖(61)=強姦(ごうかん)容疑で国際手配=が率いるカルト集団「摂理」が、全国50以上の大学で学生信者を獲得していたことがわかった。


 また韓国発なのか、って思ってしまいますね。

 原理研究会は、文鮮明の統一教会(世界基督教統一神霊協会)の下部組織。一部の大学で左翼よりマシって浸透するのを黙認したところもあった。でも自治会を牛耳られて後始末が大変だったと聞く。そのほかの大学では、ほとんど活動を抑えこめたと思うのだが、数十年たって、また同じ状態に。経験は風化したのか。

 言葉巧みに真面目な学生を誘い出し、1週間程度の合宿させて洗脳させてしまう、というもの。手口は変わっていないのであろう。

 調べてみると、まだまだ原理研もしつこく活動しているようですね。
[PR]
by over45 | 2006-07-30 00:43 | Web/TV/新聞 watch

仁川→成田

●仁川空港のチェックインカウンターで搭乗手続きをしたら、カウンターのおねーさんが申し訳なさそうに「今日のゲートはいつもと違って遠いんです」と。なにやら注意書きが書かれた紙を渡され、それによると「国賓が乗るのでご協力よろしく」だそうだ。ま、遠いといっても違うターミナルというわけでないし。そもそも仁川空港は、まだターミナルが一つしかないしね。

●どんな人が国賓なのかは分からない。CAのおねーさんに聞いてもきっと教えてくれないだろうな。保安上の理由により、とか軽くあしらわれてしまうであろう。一般の乗客が乗り込んでから、最後に乗ったのだと思われ。もちろん一番最初に降りていくから、エコノミーの乗客には分からないわけだ。

●機内のアナウンスは、日本語、英語、現地語(この場合は韓国語)が普通なのだが、韓国語の代わりにスペイン語が使われていた(と思う)。ということはスペイン語を母国語とする人が国賓なんだろうなぁ、という想像はできる。でもたくさんあるからなぁ。

●そんなこんなで個人画面で映画「トップガン」を見始めたのであった。これが一番短い映画だったから。上映時間は1時間20分。昨年「スウィングガールズ」を途中で止められ、その後何ヶ月も悶々とした日々を送ったことを考えると、途中で打ち切りになっても気にならない映画を見るのが吉というもの。飛行時間1時間45分ではトップガンすら最後まで見られなかった。

●成田空港の税関で、「何か申告されるものはありますか?」と聞かれ「ありませーん、タバコたくさん買ってきたかったんですけど」と答えたら、笑われてしまった。でも私の好みの銘柄は海外で見たことがないのだよ。
[PR]
by over45 | 2006-07-03 23:39 | 通勤風景

韓国

●火曜日から韓国に来ています。明日、土曜日に帰国予定。

●昨日の夕方、タクシーに乗っている時、ラジオでしきりに「イルボネ ヨコタメグミ」とか「キムヨンナム」とかいう言葉が聞こえていた。こちらでも興味のあるニュースなんでしょう。内容はホテルに帰ってからNHK-BSを見るまで分かりませんでしたが。

●NHK-BSの海外安全情報で、「韓国で窃盗に注意」などと案内している。日本人ってやっぱりすぐに見分けられるみたいで、狙われやすいんだろうな、と思う。無防備な年配の方々がたくさん観光に来ていらっしゃるし。

●ソウルは昨夜から雨。昨日までは暑かった。

●日本円-韓国ウォンの交換レートは空港で10,000円が80,000ウォン、でも南大門市場の両替屋さんだと82,000ウォン。
[PR]
by over45 | 2006-06-30 07:07 | 通勤風景

アジアの香り

●秋葉原から上野に向かって歩くと、途中にアジアからの輸入雑貨・家具を扱っているEPICE TOKYOという店の前を通る。オジサン一人だと入りづらいが、昨夜は妻と一緒だったので入ってみた。

●店内には座り心地の良さそうなソファや、洒落たテーブルなどが置いてあっていい雰囲気であった。いい香りがしていたので、これは何かとたずねると、オリジナルの香であるとのこと。東南アジアのホテルを思い出すような匂いである。うまく説明できないのだが。

●で、購入してきた。一袋500円。台も一緒に買って、こちらは300円。花火みたいに竹のまわりに塗られている。あまり灰は残らないので、掃除は簡単(なはず)。

a0014606_2152361.jpg


 ガラスじゃなくてプラスチックの台。根元の部分をちょっと削らないと刺さらなかった。

a0014606_2152958.jpg


 12本入っている。

 というわけで気分はシンガポールか(笑)。
[PR]
by over45 | 2006-05-14 02:20 | 日常

六本木へ行った

 5月4日、夕方から六本木へ。田舎者を晒してきたのであった。

 見上げるとちょうど月が見えていたので一枚。小さくて見えないけど、月が写っているのよ。

a0014606_1533894.jpg


 道案内も綺麗で金かけてるなぁ、と虚ろな目で見上げていた。

a0014606_155857.jpg


 義姉家族と食事。北京ダック専門店という中国茶房8で。「本場の味」です(→サラリーマン語講座参照のこと)。

 実は香草が苦手で、ちょっとつらかった。この店、24時間営業で、テレ朝に近いしで芸能人が良く来るんだとか。食事代もそれほど高くはなく、北京ダックを二つ、そのほかいろいろで、一人2,500円程度であった。
[PR]
by over45 | 2006-05-06 15:44 | 日常
東アジア反日トライアングル 古田博司著

 トライアングルというのは中国、韓国、北朝鮮の3ヶ国のこと。歴史の問題で日本と揉めている国々です。彼らは日本に対して正しい歴史認識をせよ、と求めてきていますが、この本を読むと彼らが納得する形で決着することなどあり得ないのではないかという気にさせられます。

 彼らにとって「正しい歴史認識」というのは、あちら側の都合にのみ拠ったもので、日本を叩くことで成立するものなのですから。客観的な事実など必要なく、彼らの正当性を維持するために都合のいい解釈を採用しているに過ぎない、と。で、もちろんその方向で歴史を自国民に教え、それを邪魔すようなことは許しません、というわけです。

 中学生の頃、社会科の先生が「歴史は変わる。新しい事実が明らかになるからだ」と言っていたのを思い出しました。その当時は、いろんな遺跡や遺物が発掘されるからなぁ、と思って聞いた覚えがあります。しかし近代・現代でも同じことが起こりうることも今では知っています。歴史は生き物、でしょうか。
[PR]
by over45 | 2006-04-18 16:26 | 読書