不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

WBA世界ミニマム級タイトルマッチ

 昨夜遅く、というか今日未明だね、ミニマム級のタイトルマッチをTVで観ました。世界戦なのに、こんな深夜の枠で放映されるってのが残念。でも、だから観られるという事情はあります。最近はゴールデンタイムの放送がほとんどなくなり、あってもダブルタイトルマッチぐらいにしないと興行的にも難しいんでしょうね。

 かつてのボクシング人気はどこへ行ってしまったのか。他の格闘技に流れてしまったであろうことは想像に難くない。さびしい限りです。

 ボクシングは他の格闘技に比べて制約が多く、そう簡単に相手を倒せるものではありません。その制約の中で、いかに相手にダメージ与えるかを競うと言っても良いでしょう。

 でもヘビー級は面白くありません。フットワークなんてものはなく、ベタ足でうろうろして腕を振り回し、当たればラッキー、などというのは美しくありません。面白いのは、軽量級の上位ランカー同士の試合。静まりかえった会場に二人のシューズの音が響き、繰り出すジャブが相手の体をかすめ、観客のため息がもれる… そういう試合を見てみたい。

 ちなみに昨夜のタイトルマッチは、チャンピオンのアランブレットが計量をパスできず、その時点でタイトル剥奪。試合は行うが、アランブレットが勝てばチャンピオンは空位に、新井田が勝てば新チャンピオンということが前日までに決まっていました。結果はご存知のとおり。中盤までは取ったポイントをすぐ取り返されるような展開で、お互いに決めてがない状況。後半、疲れたアランブレットを新井田が追い込み、結果的に判定勝ち。116-113、117-112、117-111というのは新チャンピオンに甘い採点かな。

【ワールドボクシング】公式サイト
日本ボクシング情報局
[PR]
by over45 | 2004-07-04 10:58 | Web/TV/新聞 watch