不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

川村記念美術館

 天気がいいので何処か行きたい、と妻がのたまうので「行き先を決めてくれ」と。で、川村記念美術館に。ここは3回目かな。自宅から1時間ちょっとで行けます。

 美術館のサイト:http://www.dic.co.jp/museum/index.html

#勝手にリンクするなって書いてあるから。コピペしてください。

 12時ぐらいに到着。広い庭園の中に美術館の建物があります。園内に桜がたくさんあるんだけど早咲きの種類の数本だけが見ごろでした。来週末には他の桜も咲いて華やかになるでしょう。

a0014606_2227067.jpg


 美術館の建物はこんな感じ。左の赤いオブジェはもちろん展示品です。

a0014606_2229353.jpg


 常設展はモネ、ルノワール、マティス、シャガール、ピカソにレンブラント。「ギャラリーフェイク」の”レンブラント委員会”という作品はこの美術館がモデルなのかも。

 特別展はシャガールの「ラ・フォンテーヌの寓話」。挿絵です。エッチングで100枚185部を作成し、うち85部はシャガール自身が彩色したというもの。高知県美術館の所蔵品。彩色の有無を並べて展示してあったり、いくつかの絵には寓話の説明がつけられていて楽しんで眺めることができました。色があると印象ががらっと変わりますね。

 カタログには全ての話が掲載されているようだったので購入しました。なかなか身につまされるトピックが多くて。じっくり読んでみようと思います。

 挿絵を描いたのはシャガールだけじゃなくて、他の画家の手によるものも同時に展示されています。日本画家の手によるものまであるとは思いませんでした。これも興味深いし、こちらのほうが親しみが持てるような気もします。
[PR]
by over45 | 2006-03-25 22:49 | 音楽、絵、映画