不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

入国審査のことなど

 よその国に到着すると入国審査を受けます。パスポート見せ、国によっては入国カードを提出します。たまにその場で書いている人がいるけど、その先大丈夫なのかな、と心配してしまいます。

 空港にもよりますが、大きな空港だと飛行機を降りてから延々と歩くことも少なくありません。自国の航空会社は便利なスポットに止められますが、外国の航空会社だとターミナルの端のほうになってしまうことが多いようです。もっとも帰国時の成田でも当たり外れがありますから、必ずしも自国便だから優遇というわけではないですね。でも帰国時にバスでターミナルへご案内、というとがっかりします。

 さて入国審査場のゲートも自国民と外国人で分けられています。その昔、成田で外国人をAlienと表示されていて、そりゃあんまりだろうと話題になったことがありました。Alienは「役所用語で冷たい感じを与える」とジーニアス英和辞典に書かれています。さてゲートは分けられているだけでなく、その数にも差があります。外国人用のほうが少なめです。

 先日行った韓国の金浦空港では、韓国人用のゲートが5つあるのに対して、外国人用は一つだけ。審査にかかる時間も外国人のほうが長いので、列は遅々として進みません。そうこうしているうちに韓国人用のゲートが空いたので、そちらに並ばせてくれました。つまり真っ先に審査場に辿り着けたわずかな外国人(ほとんど日本人)を除いて、ほとんどが韓国人の後回しになるわけです。ま、しかたないですけど。

 じゃ、成田ではどうか、っていうと外国人の列が長いのは同様です。ただ日本人の列に外国の方がちらほら混じっています。こういう人たちが審査を受ける時に外国人用のゲートに行け、と言われることはありません。そのまま審査してもらえます。日本人の列のほうが進みが速いわけですし、間違えて並んだというよりはそっちのほうが早いというのを知っているんではないかと思います。海外でこういうことをやろうとすると、外国人用に行かされます。日本の入管は優しいのでしょう。

 そういえば出国時には自国民と外国人で差はないですね。審査にかかる時間は外国人のほうが長いような気がしますけど。ま、悪い人がいても、さっさと出て行ってくれる分には問題ないね、ということなのでしょうか(笑)。
[PR]
by over45 | 2006-02-28 00:09 | 日常