不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

小林信彦:イエスタデイ・ワンスモアPart2

 もちろんPart1のほうを読んだことがあるから買ってきたのだけど、えー正直どんな話か思い出せなかった。でもPart2を読み始めるとだんだん思い出してきた。

 前作では1959年へのタイムトリップ。Part2ではそこからさらに1966年へ。ビートルズ来日が話題の中心となる。

 私の世代だとビートルズという存在を生で感じることはない、と思うのだが、ただ遅れていただけなのかも知れない。田舎に住んでいたからね。

 昨日(12月22日)の朝日夕刊、人脈記(連載)には浅井慎平、湯川れい子、横尾忠則の3人が取り上げられていた。ビートルズ絡みの話で。その3人がいずれも60代後半なんだから、やっぱりビートルズ世代といのは私達よりもさらに上の世代なんでしょう。

 当然、1966年6月29日にビートルズが来日した、などということは全然覚えていない。8歳だったし、洋楽に興味を持つこともなかった。でも、1966年には我々(全てではない)にとって重大なできごとがあったのは覚えている。

 1966年7月17日(調べたばかりなんだけど)に、ウルトラマンの放映が始まっている。これははっきり覚えているんですね。もちろんその前のウルトラQも覚えているけど。だから我々の世代にとって1966年という年はビートルズではなくてウルトラマンなんだ、と。
[PR]
by over45 | 2005-12-23 12:28 | 読書