不良サラリーマン(♂)かつ漏電生活者の日常


by over45
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ISPのSAPM対策

 個人的にBiglobeとOCNのメールアカウントを持っています。無駄とは思うけど、二つのISPと契約しているわけです。

 どちらも同じユーザー名で、とても簡単なのでSAPMが良く届きます。BiglobeのほうはWebで公開しているので、OCNの3-5倍ぐらいの量です。

 で、ISP側で何とかならないかと思って調べてみたところ、Biglobeは無料で、自動認識のサービスが設定できます。

迷惑メールブロックサービス

 自動でサブジェクトに[SPAM]という文字を追加してくれるので、受信した後にメーラのフィルタリング機能を使って一気にゴミ箱へ、という操作が可能です。判定の強度を変更できるし、除外設定(必着設定)もできるので、割と賢く便利です。デフォルトで強度が90%になっていますが、今のところ必要なメールがSPAMと誤判定されることはありません。

 サーバー側でメールをより分けるためのフォルダを確保したい場合は有料となります。

 さて、OCNのほうはというと。こちらはちょっと寂しい。送信元のアドレス、ヘッダーあるいは本文の条件を手動で設定し、サーバー側で削除するという方法です。条件も20個までしかないし。やってることがメーラーで処理するのと同じだし、メーラー(Becky!)のほうが賢いし。あまり意味がありません。

 企業ユーザー向けに自動判定のサービスもあるけど、これは有料かつ個人では契約できないようです。

 アカウントは持っていないけど、Niftyの場合は、個人向けには手動設定しかないようです。ただ条件は100個まで。こちらも法人向けにはSymatecのBrightmail AntiSPAMという自動判定ソフトが提供されているようです。個人向けにも法人サービスと同様にymatecのBrightmail AntiSPAMという自動判定ソフトが無料で使えます。

 迷惑メールフォルダ

 Kazabana様、ご指摘ありがとうございました。

 SPAM対策として、メールアドレスを変更する、というのも有効でしょうが今さら変えるのも面倒だし。ISP側とメーラー側でいろいろ対策するしかないですね。
[PR]
by over45 | 2005-11-04 13:59 | PC・ネットワーク